詩人 尾崎喜八・詩集

※ルビは「語の小さな文字」で、傍点は「アンダーライン」で表現しています(満嶋)

詩集「空と樹木」1992年 詩集「高層雲の下」1924年 詩集「曠野の火」1927年
詩集「旅と滞在」1933年 詩集「行人の歌」1940年 詩集「高原詩抄」1942年
詩集「此の糧」1942年 詩集「二十年の歌」1943年 詩集「同胞と共にあり」1944年
詩集「花咲ける孤独」1955年 詩集「歳月の歌」1958年 詩集「田舎のモーツァルト」1966年
「自註 富士見高原詩集」1969年 詩集「その空の下で」1970年  
その他の詩帖から 尾崎喜八資料掲載詩  

詩の索引は→こちら (別ウインドウが開きます)


 穂高を背に

註:詩集掲載作品をすべて掲載していないものもあります(満嶋)。

「詩人 尾崎喜八」トップページに戻る


著作権者(尾崎榮子氏)の許可の下で掲載しています。無断転載を禁じます。