翻訳作品・題名索引

  あ行   か行   さ行   た行   な行
  は行   ま行   や行  ら行・わ行   


※ 作品の題名をクリックすると、作品ページが別ウインドウで開きます。 

「詩人 尾崎喜八」トップページに戻る

  あ行                      このページトップへ
愛人への道《ヘッセ詩集》   イタリアへのまなざし《ヘッセ詩集》
愛する者に《ヘッセ詩集》   一匹の猫からの教訓 《わが庭の寓話》
愛の歌《ヘッセ詩集》   一兵卒の歌《ヴィルドラック選詩集》
愛の歌
《ヘッセ詩集・原詩付》   田舎の墓地《ヘッセ詩集》
愛の眼 《わが庭の寓話》   祈っている牝山羊 《わが庭の寓話》
碧い蝶《ヘッセ詩集》   祈り《ヘッセ詩集》
碧い蝶《ヘッセ詩集・原詩付》   いろいろの聖徒がある《ヘッセ詩集》
《ヘッセ詩集》   印象《ヴィルドラック選詩集》
秋
《ヘッセ詩集・原詩付》   インドの詩人バールトリハリに《ヘッセ詩集》
秋の日《ヘッセ詩集》   インドの詩人バールトリハリに
《ヘッセ詩集・原詩付》
秋の森で痛飲するクリングソル《ヘッセ詩集》   打ち捨てられた墓 《わが庭の寓話》
新しい家に移るに際して《ヘッセ詩集》   うぬぼれた植樹者 《わが庭の寓話》
嵐のあとの花たち《ヘッセ詩集》   運命の歌《ヴィルドラック選詩集》
新たなる体験《ヘッセ詩集》   運命の日々《ヘッセ詩集》
新たなる体験《ヘッセ詩集・原詩付》   運命の日々《ヘッセ詩集・原詩付》
あらゆる死《ヘッセ詩集》   ヴァイスホルン登攀 《一登山家の思い出》
あらゆる死
《ヘッセ詩集・原詩付》   ヴァル・ダニヴィエールの一週間 《一登山家の思い出》
アリースと老人たち 《わが庭の寓話》   英国式教育の危険 《わが庭の寓話》
或るエジプト彫刻の蒐集の中で《ヘッセ詩集》   エレオノール、又は誠実な魂 《わが庭の寓話》
アルゴンヌへの歸り《ヴィルドラック選詩集》   エリーザベット《ヘッセ詩集》
或る詩集への献詩《ヘッセ詩集》   エリーザベット《ヘッセ詩集》
或る少女に《ヘッセ詩集》   延長《ヴィルドラック選詩集》
アルチェーニョのほとりにて《ヘッセ詩集》   丘と川《わが庭の寓話》
或る中国の歌妓に《ヘッセ詩集》   思ひ出《ヴィルドラック選詩集》
アルプスの峠《ヘッセ詩集》   お前の夢《ヘッセ詩集》
アルプスを越えて《ヘッセ詩集》   お前の夢
《ヘッセ詩集・原詩付》
或る宿屋《ヴィルドラック選詩集》   音楽、それは解放である《デュアメル・慰めの音楽》
或る友情《ヴィルドラック選詩集》   音楽の神秘《デュアメル・慰めの音楽》
或る別れに臨んで《ヘッセ詩集》   女友達への葉書《ヘッセ詩集》
イエスと貧しき人々《ヘッセ詩集》    

  か行                      このページトップへ

回想《ヘッセ詩集》   九月《ヘッセ詩集》
霞む眼をした馬 《わが庭の寓話》   九月《ヘッセ詩集・原詩付》
果実の神 《わが庭の寓話》   九月の哀歌《ヘッセ詩集》
カミーユ・サンサンス《近代音樂家評傳》   草と共に《ヴィルドラック選詩集》
刈りこまれた檞《ヘッセ詩集》   草に寝て《ヘッセ詩集》
枯葉《ヘッセ詩集》   口笛《ヘッセ詩集》
ガラス玉遊戯《ヘッセ詩集》   口笛
《ヘッセ詩集・原詩付》
感傷的な散歩、又は緑の贈り物 《わが庭の寓話》   《ヘッセ詩集》
完全のための弁護 《わが庭の寓話》   クリスマスの頃《ヘッセ詩集》
艱難な時代の友らに《ヘッセ詩集》   クリンゾルの夏への回想《ヘッセ詩集》
艱難な時代の友らに《ヘッセ詩集・原詩付》   クロード・デビュツシー《近代音樂家評傳》
画家のよろこび《ヘッセ詩集》   寓話《ヴィルドラック選詩集》
季節 《わが庭の寓話》   寓話の愛好者 《わが庭の寓話》
帰宅《ヘッセ詩集》   群衆中の苦悩 《わが庭の寓話》
帰宅《ヘッセ詩集・原詩付》   権力の哲学 《わが庭の寓話》
饗宴からの帰途《ヘッセ詩集》   現世的な富の軽蔑 《わが庭の寓話》
郷愁の書取り 《わが庭の寓話》   航海日記《ヴィルドラック選詩集》
矯正し得ぬことども 《わが庭の寓話》   交代《ヴィルドラック選詩集》
兄弟なる死《ヘッセ詩集》   高山の夕暮れ《ヘッセ詩集》
兄弟なる死《ヘッセ詩集・原詩付》   幸福《ヘッセ詩集》
基督受苦の金曜日《ヘッセ詩集》   幸福《ヘッセ詩集・原詩付》
基督受苦の金曜日《ヘッセ詩集・原詩付》   幸福な時間《ヘッセ詩集》
霧の中《ヘッセ詩集》   荒野の狼《ヘッセ詩集》
霧の中《ヘッセ詩集・原詩付》   荒野の狼《ヘッセ詩集・原詩付》
休戰《ヴィルドラック選詩集》   穀倉《ヴィルドラック選詩集》
均衡の法則 《わが庭の寓話》   この仕事について*尾崎喜八 《わが庭の寓話》
金鈴《ヴィルドラック選詩集》   殺す 《わが庭の寓話》
逆境の利益 《わが庭の寓話》    

  さ行                      このページトップへ

最初の花《ヘッセ詩集》   白樺《ヘッセ詩集》
ささやかな報酬 《わが庭の寓話》   白樺《ヘッセ詩集・原詩付》
砂糖大根の反逆 《わが庭の寓話》   慎重な寄食者 《わが庭の寓話》
さすらいの途上《ヘッセ詩集》   実例の力 《わが庭の寓話》
さすらいの途上《ヘッセ詩集・原詩付》   ジャム 《わが庭の寓話》
さようなら、世界夫人《ヘッセ詩集》   白い雲《ヘッセ詩集》
更に大いなる力の場合 《わが庭の寓話》   十一月《ヘッセ詩集》
サランシュの峡谷 《一登山家の思い出》   純粋な喜び《ヘッセ詩集》
サルヴァン 《一登山家の思い出》   ジョルジョーネ《ヘッセ詩集》
三月《ヘッセ詩集》   すがれゆく薔薇の花《ヘッセ詩集》
三月
《ヘッセ詩集・原詩付》   スキーでの憩い《ヘッセ詩集》
しあわせな道路 《わが庭の寓話》   スキーでの憩い《ヘッセ詩集・原詩付》
色彩の魔術《ヘッセ詩集》   生活《ヴィルドラック選詩集》
使者 《わが庭の寓話》   征服者《ヴィルドラック選詩集》
詩集にそえて或る友に《ヘッセ詩集》   静穏な日《ヘッセ詩集》
詩人《ヘッセ詩集》   性格の強さ 《わが庭の寓話》
詩人
《ヘッセ詩集・原詩付》   成功の苦味 《わが庭の寓話》
詩人《ヘッセ詩集》   青少年の教育における音楽の役割と位置
     《 デュアメル・慰めの音楽》
詩人《ヘッセ詩集・原詩付》   世界の音楽 《わが庭の寓話》
詩人と獅子 《わが庭の寓話》  

節制の法則 《わが庭の寓話》

詩人の最後《ヘッセ詩集》   節操なき者 《わが庭の寓話》
七月の子供たち《ヘッセ詩集》   雪中のさすらいびと《ヘッセ詩集》
室内楽礼賛《デュアメル:慰めの音楽》   セルヴァン登攀 《一登山家の思い出》
謝肉祭《ヴィルドラック選詩集》   絶望者の歌《ヴィルドラック選詩集》
主人の耳 《わが庭の寓話》   戦場で斃れた或る友に《ヘッセ詩集》

招待状 《わが庭の寓話》

  戦場での死《ヘッセ詩集》
少年の五月の歌《ヘッセ詩集》   戰争の春《ヴィルドラック選詩集》
職人の徒弟の木賃宿《ヘッセ詩集》   戦争の四年目に《ヘッセ詩集》
職人の徒弟の木賃宿《ヘッセ詩集・原詩付》   僧院生活の書 《リルケ時禱集》
白い大鳥《ヴィルドラック選詩集》   それが私の悩みだ《ヘッセ詩集》
白い雲《ヘッセ詩集》   村落悲歌《ヴィルドラック選詩集》

  た行                      このページトップへ

たそがれの白薔薇《ヘッセ詩集》   償いがたい損失 《わが庭の寓話》
たそがれの白薔薇《ヘッセ詩集・原詩付》   哲学者の夢想 《わが庭の寓話》
旅する術《ヘッセ詩集》   天使の喇叭 《わが庭の寓話》
旅の歌《ヘッセ詩集》   ディック、或いは義務の観念 《わが庭の寓話》

ダン・デラン登攀 《一登山家の思い出》

  トゥリアン山群 《一登山家の思い出》
ちひさい家《ヴィルドラック選詩集》   トゥール・ノワールの初登攀 《一登山家の思い出》
中間劇《ヴィルドラック選詩集》  

徳の曲折 《わが庭の寓話》

《ヘッセ詩集》   年老いた放浪者《ヘッセ詩集》
蝶《ヘッセ詩集・原詩付》   何処かに《ヘッセ詩集》

  な行                      このページトップへ

内部への道《ヘッセ詩集》   ニューヨークの群衆 《わが庭の寓話》
慰め《ヘッセ詩集》   《ヴィルドラック選詩集》
夏は老い《ヘッセ詩集》   庭の戒め 《わが庭の寓話》
夏の夕べ《ヘッセ詩集》   人間になるためには《ヴィルドラック選詩集》
夏の夕べ《ヘッセ詩集》   鼠狩 《わが庭の寓話》
夏の夜の提灯《ヘッセ詩集》   能力についての短い問答 《わが庭の寓話》
夏の夜の提灯《ヘッセ詩集・原詩付》   野を越えて《ヘッセ詩集》
怠け者の生徒のための口頭弁論 《わが庭の寓話》   野を越えて 《ヘッセ詩集・原詩付》
ニノンに《ヘッセ詩集》   飮んでゐる二人の男《ヴィルドラック選詩集》
ニノンに
《ヘッセ詩集・原詩付》    

  は行                      このページトップへ

初雪《ヘッセ詩集》   フーゴー・ウオルフ《近代音樂家評傳》
花咲ける枝《ヘッセ詩集》   笛の演奏《ヘッセ詩集》
母の夢《ヘッセ詩集》   二つの谷から《ヘッセ詩集》
八月四日の夜 《わが庭の寓話》   二夏の思い出 《一登山家の思い出》

蜂蜜と蜘蛛 《わが庭の寓話》

  古い木の柱の歎き 《わが庭の寓話》

腹黒 《わが庭の寓話》

  冬の歌《ヴィルドラック選詩集》
《ヘッセ詩集》   冬の日《ヘッセ詩集》
《ヘッセ詩集》     不作法者 《わが庭の寓話》
《ヴィルドラック選詩集》   葡萄の丘と湖と山と《ヘッセ詩集》
《ヴィルドラック選詩集》   佛蘭西及び獨逸の音樂《近代音樂家評傳》
春の言葉《ヘッセ詩集》   ブルームガルテンの城で《ヘッセ詩集》
春の日《ヘッセ詩集》   ブルームガルテンの城で《ヘッセ詩集・原詩付》
春の日《ヘッセ詩集・原詩付》   プラン・スリジエの葡萄小屋 《一登山家の思い出》
春の夜《ヘッセ詩集》   平和《ヘッセ詩集》
繁栄の法則 《わが庭の寓話》   平和《ヘッセ詩集・原詩付》
バッハの或るトッカータに《ヘッセ詩集》   平和にむかって《ヘッセ詩集》
バーガヴァード・ギータ《ヘッセ詩集》   ヘルダーリンへの頌歌《ヘッセ詩集》
バーガヴァード・ギータ《ヘッセ詩集・原詩付》   別の風景《ヴィルドラック選詩集》
晩夏《ヘッセ詩集》   ベルリオ《ロラン/近代音樂家評傳》
晩夏の蝶《ヘッセ詩集》   放棄された蟻塚 《わが庭の寓話》
晩秋行《ヘッセ詩集》   訪問《ヴィルドラック選詩集》
晩秋行《ヘッセ詩集・原詩付》   『乾草の月』と『青春は美わし』を読み返して
《ヘッセ詩集》
ひるがお 《わが庭の寓話》   『乾草の月』と『青春は美わし』を読み返して
《ヘッセ詩集・原詩付》
美に寄す《ヘッセ詩集》   ほのかな雲《ヘッセ詩集》
病気《ヘッセ詩集》   ほのかな雲《ヘッセ詩集・原詩付》
病気
《ヘッセ詩集・原詩付》  

ボアズの目覚め 《わが庭の寓話》

風景《ヘッセ詩集》   墓所の選定 《わが庭の寓話》
風景《ヴィルドラック選詩集》    

  ま行                       このページトップへ

牧場の本《牧場の本》   無常
《ヘッセ詩集・原詩付》
牧場の讃美《牧場の本》   無心の庭 《わが庭の寓話》
又の世のための草案 《わが庭の寓話》   村の墓地《ヘッセ詩集》
眞夜中すぎ《ヴィルドラック選詩集》   村の夕暮れ《ヘッセ詩集》
三つの格言 《わが庭の寓話》   目標《ヘッセ詩集》
港での難破 《わが庭の寓話》   モツァルト《近代音樂家評傳》
脈絡《ヘッセ詩集》   モンブランヴィール《ヴィルドラック選詩集》
無常《ヘッセ詩集》    

   や行                      このページトップへ

譯者後記《ヴィルドラック選詩集》   夕べの風のためのコンチェルト 《わが庭の寓話》

譯者序言《ロラン/近代音樂家評傳》

  夜ごとに《ヘッセ詩集》
山に在る日《ヘッセ詩集》   夜ごとに《ヘッセ詩集・原詩付》
山に在る日《ヘッセ詩集・原詩付》   夜の道《ヘッセ詩集》
憂鬱な仕事 《わが庭の寓話》   夜の道
《ヘッセ詩集・原詩付》
夕暮れの家々《ヘッセ詩集》   ヨーハン・セバスチアン・バッハと純粋音楽についての論議《デュアメル・慰めの音楽》
夕暮れの家々《ヘッセ詩集・原詩付》    

  ら行・わ行                   このページトップへ

利口な花売り娘 《わが庭の寓話》   わが弟に《ヘッセ詩集》
リヒアルト・シュトラウス《近代音樂家評傳》   わが弟に《ヘッセ詩集・原詩付》
流寓の苦しみ 《わが庭の寓話》   わが手帖からの十章《デュアメル・慰めの音楽》
旅行の必要 《わが庭の寓話》   我が母に《ヘッセ詩集》
龍膽の花《ヘッセ詩集》   わが若き日の魔法使い《デュアメル・慰めの音楽》
老境に生きて《ヘッセ詩集》   ワグネル《近代音樂家評傳》
老境に入る《ヘッセ詩集》   私の敵が死んだ《ヴィルドラック選詩集》
老人のクリスマス《ヘッセ詩集》   私の母の庭に《ヘッセ詩集》
ロカルノの春《ヘッセ詩集》   私はアベイを夢想する《ヴィルドラック選詩集》
ロカルノの春《ヘッセ詩集・原詩付》   私は見た、彼ら二本の実桜が 《わが庭の寓話》
路上の話題 《わが庭の寓話》   私は見る………《ヴィルドラック選詩集》
ロートホルン登攀 《一登山家の思い出》   われらの間の名手《デュアメル・慰めの音楽》
若い病人 《わが庭の寓話》   我ら、別の文明が…… 《わが庭の寓話》
わが姉に《ヘッセ詩集》    



「詩人 尾崎喜八」トップページに戻る


著作権者(尾崎榮子氏)の許可の下で掲載しています。無断転載を禁じます。